オリーブオイルができるまで(フランス産シャトーヴィラン)

オリーブオイルができるまで(フランス産シャトーヴィラン)

2020.5.1 コラム

OLIVIERS&CO(オリビエアンドコー)で人気のフランス産のエキストラバージンオリーブオイル「シャトーヴィラン」は、フランスでも有名なオリーブオイル生産者の1人である、クリスティーヌ・シェランの手によって生み出されています。AOP(原産地統制名称)にもなっているエクス=アンド=プロヴァンスの土地で育つオリーブ畑から収穫されている「シャトーヴィラン」は、アグランドー種の力強い味わいとサロネンク種の優しく丸みのある味わいによって、スパイシーかつ甘みのあるバランスのとれたオイルに仕上がっています。そんなシャトーヴィランのオリーブオイルが出来るまでの生産の背景と様子をご紹介します。

プロヴァンスへでかけよう
目的地:エクスアンプロヴァンス シャトーヴィラン製造所

粘土と石灰岩が豊富なシャトーヴィランの土壌は、日光をふんだんに浴び高温な状態にあります。フランスのこの地方の土は、シラー、グルナッシュ、ユニ・ブランといった、多彩なワインだけでなく土地独自のオリーブも育つ環境を作り出しています。

オリーブ畑

収穫期間中は、シャトーヴィランの工場は朝から晩まで稼働しています。工場長クリスティーヌ・シェランは寝る間を惜しんで忙しく働いています。
彼女は常に笑顔を絶やさずオリーブの入った籠を運び、フォークリフトを動かし、試食会を開催し、訪問者や生産者を迎え入れ、オリーブの品質を確認します。

生産者のクリスティーヌ・シェランが広大なオリーブ畑で他の生産者たちと語り合う。

10年以上にわたってオリヴィエ&コーでは、シャトーヴィランのオリーブオイルを取り扱ってきました。フランスの田園地帯では、1632年には早くもオリーブやブドウの栽培を手掛けていました。

1996年、シャトーヴィランのワイン市場への進出と成功を受けて、シェラン家はシャトーヴィランのオリーブオイル自社工場の建設へ投資しました。これによって、シェラン家はオリーブオイルの全生産工程を管理することができるようになりました。
オリーブ畑の真ん中に道がまっすぐ続き、道沿いにはたくさんのオリーブの木が立ち並んでいる。

収穫される前のオリーブの実。

収穫されたばかりのオリーブの実。

さらにシャトーヴィランは2019年度のパリの農業コンクールで銀賞も受賞しており、世界中のオリーブオイルファンから愛されています。

フランス産「シャトーヴィラン」500ml フローラルテイストのやわらかさの後に、ピリッとした辛味がアクセントに。

パリ農業コンクールの銀賞ロゴ。フランス産のシャトーヴィランが2019年度に受賞。

2019年のパリ農業コンクールでは銀賞を受賞、世界中のオリーブオイルファンのお墨付き。

 

商品はこちら

シャトーヴィラン500ml 

シャトーヴィラン250ml 

シャトーヴィラン100ml 

本物のオリーブオイルには、ひとつひとつに歴史があり、生産者の熱い想いが込められています。

 

OLIVIERS&CO

  • #アグランドー
  • #エキストラバージンオリーブオイル
  • #オイル
  • #オリーブオイル
  • #シャトーヴィラン
  • #フランス
  • #最高級
  • #贅沢
  • #贈り物
  • #高級

メール会員登録のご案内

メール会員にご登録いただきましたお客様に
新商品やイベント情報などをお知らせいたします。

トップに戻る